秋田でDV被害者支援のワークショップを開催しました

秋田在住の高橋範子セラピストが、「びーらぶ秋田」さまよりご依頼を受けワークショップを開催しました。

 

びーらぶ秋田主催

シングルマザーの居場所づくり支援事業

第1回 アロマコラージュ療法®(イベントコース)

2021年7月4日(日) 秋田文化会館

 

びーらぶ秋田さまは、DV(ドメスティックバイオレンス)や虐待の被害者支援を行う団体。10年前から、暴力被害を受けた女性やその子どもたち一人ひとりの心の回復のため、長期的に寄り添う支援を行っておられます。

 

その一環として「令和3年度 シングルマザーの居場所づくり」事業を企画。第1回の講師を務めさせていただきました。

 

高橋セラピストは「だいせんシングルマザーほっこりサロン」を主宰。本業である薬剤師のかたわら、秋田県大仙市の公共施設を拠点にシングルマザーの支援を行っています。その関係でびーらぶ秋田さまとつながりがあり、講師依頼をいただきました。 

 

6名の女性がご参加くださいました。最初は緊張の面持ちでしたが、香水づくりのための試香を始めると一気に表情がやわらぎました。コラージュはとても集中して制作されました。 

びーらぶ秋田HPよりお借りしました。
びーらぶ秋田HPよりお借りしました。

 

「香水もコラージュも素晴らしいものばかりでした。シングルマザーは自分と向き合う時間なく忙しく過ごしていますし、DV被害者はパートナーの機嫌をとることばかりに神経を遣います。皆さまから『とても癒される時間を過ごせました』というご感想をいただき、ほっとしました」と高橋セラピスト。

 

シングルマザーやDV被害者支援は、高橋セラピストのライフワーク。アロマコラージュ療法®で癒しのひとときを提供したい、誰にも気がねすることなく自分で選び・作る自分のためだけの時間を過ごしていただきたいーー。こんな思いから、香水ビンやコラージュで会場を飾り付け、皆さまをお出迎えしました。感染症予防対策にも万全を期しました。密にならない机の配置を考え、調合作業用のスペースを設置。試香用のムエットを共有しなくてすむよう、各参加者専用の「ムエットタワー」を準備。「ムエットタワー」とは、1本につき6種類の精油を試香できる特別仕様のムエットです。コラージュ用の素材は使い捨て手袋を着用して選んでいただきました。

 

「このワークショップの少し前に、アロマコラージュメイトから、アロマコラージュセルフケアラー・プロフェッショナル、アロマコラージュセラピストⅠにステップアップしました。タイムリーな時期にステップアップ講座を受講したおかげで、しっかり準備して臨み、落ち着いて進めることができました」

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。作品をセルフケアにお役立ていただけますと幸いです。そしてアロマコラージュ療法®を事業の一環として取り入れてくださったびーらぶ秋田さま、貴重な機会を与えていただき、ありがとうございました。

カラフルな香水ビンと高橋セラピストのコラージュ作品をディスプレイ。
カラフルな香水ビンと高橋セラピストのコラージュ作品をディスプレイ。
文化会館の広いお部屋で開催。対面にならないレイアウト。
文化会館の広いお部屋で開催。対面にならないレイアウト。

密にならないよう調合用のテーブルを設置。
密にならないよう調合用のテーブルを設置。
レシピが完成した方からゆったり調合作業を行っていただきました。
レシピが完成した方からゆったり調合作業を行っていただきました。

はぶらし立てに立てているのがムエットタワー。
はぶらし立てに立てているのがムエットタワー。
コラージュの素材は、使い捨て手袋を着用して選んでいただきました。
コラージュの素材は、使い捨て手袋を着用して選んでいただきました。

最後におひとりずつ作品を披露していただきました。
最後におひとりずつ作品を披露していただきました。
「笑顔」で記念撮影に応じてくださいました。
「笑顔」で記念撮影に応じてくださいました。