東京と茨城にアロマコラージュセラピストが誕生しました

2014年11月22日、新月の日、第4期アロマコラージュセラピスト養成講座が修了しました。

最終回の様子、新セラピスト、打ち上げの様子を紹介いたします。


プレゼンテーション&オマージュ・アロマコラージュ

プレゼンテーション

 

交代で3本、プレゼンテーションしていただきました。

 

①モニターセッション10ケース

②魂の旅

③アロマコラージュセラピストとしての抱負


オマージュ・アロマコラージュ交換


プレゼンテーションを終え、オマージュ・アロマコラージュの交換。

 

ホームワークとしてお互いのために制作してきたフレグランス、コラージュ、カードを交換し合いました。



 

 

おふたりのコラージュを拝見してびっくり。

海や空の色合い、構図、切り抜き方、貼り方、何より全体の雰囲気が非常に似ていました。

 

グループワークをやってみたら、まるでひとつの作品のように調和。

 

名付けて「わたしに乾杯!」

 

2日前、ほぼ同時刻に作ったことが判明。

アロマコラージュ療法の手順どおり、瞑想をし、精油を試香し、フレグランスを制作したそう。


こころを込めて制作したこと、離れていてもつながっていることを実感するオマージュとなりました。



新セラピスト紹介

第4期は福祉医療分野のプロフェッショナルです。

アロマコラージュの仲間に加わったおふたりを紹介します。

おふたりからのメッセージはこちら→セラピスト紹介



中嶋キヨミさん(東京都在住 外資系企業勤務を経て社会福祉士・介護福祉士の資格取得)

今年7月、ネットサーフィンをしていてたまたま本サイトを見つけメールをくださいました。

既にアロマコラージュセラピストになることを決めておられるような文面でした。

 

7月下旬から8月初旬に3回体験講座を受講。

たった2週間でしたが、見事に作品が変わっていきました。

ご本人いわく「フタが空いてしまった」。

アロマコラージュセラピストとしての準備ができていたのですね。

 

長年の外資系企業勤務を経て、2年間福祉の勉強をされ、

社会福祉士、介護福祉士の資格を取得されました。

 

行動的で意思が明確。

竹を割ったようなハンサムウーマンです。

長年の企業勤務、福祉の資格を活かしつつ、

キヨミさんにしかできない新たなキャリアが形成されていくことでしょう。

 

東京初のアロマコラージュセラピストです。

 

東京、神奈川、埼玉など関東在住の方はもちろんのこと、地方から東京にいらしたときなどに気軽にアロマコラージュ療法をご体験いただけるようになりました。

 

どうぞご期待くださいませ。

 

 

 

稲生恵美子さん(茨城県在住 看護師)

恵美子さんも、今年5月、本サイトをとおしてたまたまアロマコラージュに出会いました。

看護師として、訪問看護の第一線でご活躍中です。

お忙しいお仕事の合間にポッと空き時間ができるとメールをくださり

ふらりとアトリエに立ち寄ってくださいました。


5月、7月、9月に2カ月おきにアロマコラージュ療法をご体験。

好きなことを詰め込んだ1作目、癒しの2作目を経て、

3作目は力強い印象の作品へと変化しました。


訪問看護師というお仕事柄、傾聴のプロフェッショナルです。

ふだんの生活でも、ご自分のことをしゃべるよりも聞き役にまわることが多いとか。

そんな恵美子さんですが、体験講座の3作目からは、

今後何かやっていきたいことがあることがひしひしと伝わってきました。


茨城初のアロマコラージュセラピストです。

 

現役看護師として、訪問看護、デイケア、市民講座など幅広い分野でのご活躍が期待されます。

 

茨城近辺の皆さま、どうぞご期待くださいませ。


養成講座修了後、打ち上げ


養成講座修了後、アトリエの近くのレストランで打ち上げ。

 

パリの路地裏にありそうな、小さいけれどしゃれたお気に入りのお店です。

 

ワインやパスタ、ガレット、壺焼き、クレープに舌鼓を打ちながらの楽しい打ち上げとなりました。




生まれ育った環境も、生き方も正反対といえるぐらい対照的なおふたり。

 

「魂の旅」ではそれが露わになりました。

違いを乗り越え、認め合い、尊重し合えるとても素敵な養成講座となりました。

できそうで、なかなかできないことなのです。

 

オマージュ作品がおふたりの関係を物語っていました。

おふたりの関係に、そしておふたりそれぞれのこれからの人生に乾杯!