2018.6.18大阪府北部地震 ボランティア活動につきまして

<追記>2018年7月西日本豪雨 ボランティア活動につきまして

2018年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震において被災された皆さまに対しこころよりお見舞い申し上げます。

 

当協会ではアロマコラージュ療法®、およびアロマセラピーをとおした支援活動を行ってまいりたいと思っております。余震がおさまり、避難所や各ご家庭での生活が少しずつ落ち着いてきた頃、ご希望の方に対し、アロマコラージュ療法®をご体験いただくボランティア活動を行いたいと考えております。

 

当協会の理事長は、協会を設立する前、個人として東日本大震災の被災地にてボランティア活動を行った実績をもちます。2012年1月から6月にかけ、ボランティア団体様の全面的なご理解、お力添えをいただきながら、福島県や宮城県の応急仮設住宅を訪問し、集会所にてアロマコラージュ療法®によるボランティア活動を行いました。また2015年9月に茨城県・栃木県で発生した関東豪雨の際は、発生から3日後に栃木県内の避難所に駆けつけ、アロマセラピーを用いたボランティア活動を行いました。

 

アロマコラージュ療法®では、植物の香りに包まれながら自分の必要とする香りを作り、その香りをコラージュで表現します。好きな香りを嗅ぐことで心と体を緩めることができます。香りをブレンドしたり、好きな写真を選んだりする作業は集中力を要するので、夢中になって取り組むことができます。植物の香りに包まれながらリラックスして、言葉にできない気持ちを香水作りやコラージュ作りに込め、安全な形で内面を表出・表現できます。そして制作後も、自分で創った香水を嗅いだり、コラージュを眺めることで、セルフケアを行えます。微力ではありますが、不安や恐れなどネガティブな気分を和らげるお手伝いができることと思います。

 

被災地支援は、地元の方や他のボランティア団体様などとのパイプ作りから始めなければならないことを、東日本大震災の被災地支援をとおして知っています。アロマコラージュ療法®による支援が必要とされるのは、余震がおさまり、避難所や各ご家庭での生活が少しずつ落ち着いてきた頃です。そうした頃に支援活動を開始できるよう、被災地とのパイプを作ってまいります。大変微力ではありますが、アロマコラージュ療法®をとおして少しでも被災地の方々のお役に立てればと思っております。アロマコラージュ療法®にご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひともお声かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年6月18日 開発者

 

<追記>

西日本に甚大な被害をもたらした集中豪雨に被災された方々にこころよりお見舞い申し上げます。謹んで亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。大阪府北部地震と同様、メンタルケアの部分において、本当に微力ではありますが協会としてできうる限りの支援をさせていただきたいと思っております。

2018年7月9日 開発者