特定非営利活動法人 国際アロマコラージュ療法協会 栃木県宇都宮市中央5丁目


困難を抱える方々への支援活動に取り組んでいます


アロマコラージュ療法®を考案したのは2009年7月。

翌2010年に、大学での研究、一般の方々へのワークショップと並行し、

不登校の子どもたち、障がい児の保護者などへの支援活動を始めました。

 

大学の研究室を拠点に行ってきたボランティア活動は、2016年4月、NPO法人設立に伴い協会へと引き継がれました。

栃木県高根沢町教育委員会の適応指導教室「ひよこの家」での支援活動は、今年度で9年目に入りました。

栃木県内では、真岡市の適応指導教室「もおかライブリー教室」、

矢板市の適応指導教室「チャレンジハウス」などでも支援活動を行っています。

東日本大震災、関東豪雨の際は、応急仮設住宅や避難所にて支援活動を行いました。

アロマコラージュ療法®による支援活動は、現在では緩和ケア、グリーフケアなどへと広がりをみせています。

 

アロマコラージュ療法®を体験してみたい団体様、個人様がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

リラックスしたひとときを過ごしたい、言葉にならない気持ちを作品で表現したい、

香りをとおして気軽にコミュニケーションを楽しみたい、などなどどんな目的でも大丈夫です。

ご一緒できますのをこころより楽しみにしております。



支援事例 2016年4月~



講師派遣、協会主催ワークショップ、協会主催サロンなどを行っています。

 

◆適応指導教室での不登校の小中学生への支援

2010年~現在

栃木県内の教育委員会が運営する適応指導教室を訪問し、不登校の小中学生にアロマコラージュ療法をご体験いただいています。

2017年3月までは開発者個人の活動として行っていましたが、同年4月からは当協会の支援事業として行っています。 

 

◆適応指導教室での不登校の小中学生の保護者への支援

2010年~現在

栃木県内の教育委員会が運営する適応指導教室を訪問し、不登校の小中学生の保護者に、アロマコラージュ療法をご体験いただいています。

2017年3月までは開発者個人の活動として行っていましたが、同年4月からは当協会の支援事業として行っています。

 

◆特別支援学校の職員研修

2016年8月4日

栃木県立岡本特別支援学校さまより、講師派遣のご依頼を受けました。先生方に、職員研修としてアロマコラージュ療法をご体験いただきました。仕事から離れてリフレッシュする、創作に打ち込みながらご自身と向き合う、同僚の方々と交流を深めるといった機会としてご活用いただきました。

 

◆サポステで就活中の方への支援

2016年8月23日、12月

全国で展開する厚労省の委託事業・若者サポートステーションの一つ「みやざき県南若者サポートステーション」で、就活中の方、スタッフの方に、アロマコラージュ療法でリラックスしてご自分と向き合うひとときをご体験いただきました。

 

◆不登校支援の協会主催サロン

2016年9月~2017年2月

栃木県宇都宮市の作新学院大学で、不登校の小中高生&保護者向けサロンを開設。現在は宇都宮市NPOボランティアセンターにて継続中です。アロマの香りとともにリラックスしたひとときをお過ごしいただき、外出のきっかけ、お子さん同士、ご家族同士の交流の機会を提供しています。親子で参加、お子さんだけで参加、保護者だけで参加、いずれも大丈夫です。

 

2017年5月~2018年2月

・第3金曜13:00~16:00

・とちぎボランティアNPOセンターぽぽら ※5月のみ姿川地区市民センター

・協会利用会員対象

・参加費無料

 

◆中学校の特別支援教室での支援

2016年9月20日

栃木県矢板市立片岡中学校の特別支援教室にて、特別支援教室、および保健室登校の生徒さん、教師の方々にアロマコラージュ療法をご体験いただきました。

 

◆とちぎ県民協働推進月間協賛事業

文化の日イベント 香りのアートセラピー体験

2016年11月3日

栃木県宇都宮市の作新学院大学にて、作新学院大学アロマボランティア・チームKと協同で一般の方々を対象とするワークショップを開催しました。

 

◆とちぎ県民協働推進月間協賛事業

アロマコラージュ療法 in ワカモノ・フェスタ

2016年12月4日

毎年、栃木県宇都宮市で開催されている不登校やひきこもりの若者を応援するイベント、ワカモノ・フェスタでアロマコラージュ療法のワークショップを開催しました。

 

◆緩和ケア支援

2017年8月30日、12月16日

宮崎県都城市の三州病院緩和ケア病棟にて、緩和ケア支援を始めました。

患者様、付き添いのご家族、病棟・ボランティアスタッフ様などを対象にワークショップを開催しています。

 

◆グリーフケア

2018年7月31日

栃木県獨協医科大学 地域共創看護教育センター

子どもをなくした家族のサポートグループ「つぼみの会」さまにてワークショップを開催予定。

 


協会設立前の支援活動事例


2016年4月にNPO法人を設立する以前から、開発者個人の活動として、教育委員会、ボランティア団体、カウンセラーなどと連携しながら、困難や問題を抱えた方々へのボランティア活動に取り組んでまいりました。下記は協会設立前にボランティアとして行ってきた支援活動の一部です。

 

◆不登校の小中学生への支援

教育委員会と連携。適応指導教室を訪問し、中学生やスタッフの方々にアロマコラージュ療法やアロマクラフトづくりをご体験いただいています。 

ブログで紹介しています。その1 その2 その3

 

【特記】

アロマコラージュ療法を始め、不登校児童生徒に対して行っている支援が、日本健康心理学会の平成26年、平成27度研究部会として採択されました。詳しくはこちら

 

 

◆東日本大震災における被災地支援

福島県白河市中田応急仮設住宅にて
福島県白河市中田応急仮設住宅にて

栃木県のNPOとちぎボランティアネットワークなど、ボランティア団体と連携。

福島県、宮城県の仮設住宅を訪問し、アロマコラージュ療法をご体験いただきました。

詳しくはこちら

 

 

◆障がい児の保護者への支援

障がい児の保護者の会の方々にアロマコラージュ療法をご体験いただいています。

ブログでご紹介しています。こちら

 

◆特別支援学校における支援

平成27年度の栃木県体験活動推進事業の一環として、栃木県立岡本特別支援学校においてアロマセラピーを用いた支援を行いました。

 

◆大学の研究室における個人セッション

カウンセラーなどから紹介された方が対象。研究室において、問題を抱えた方に対しアロマコラージュ療法の個人セッションを行っています。こちら

 

◆関東豪雨の避難所でのボランティア活動

2015年9月に発生した関東豪雨の避難所でボランティア活動を行いました。

 

 

支援を必要としている方は、ご遠慮なくご相談くださいませ。団体、個人を問いません。ご連絡をお待ちしております。